自由が丘でオススメの脱毛サロンはこちら!

永久脱毛って、永久に毛が生えてこないの?それができるのは、どんな脱毛方法?

あなたは、脱毛を行えば永久に毛が生えてこない永久脱毛だと思っていませんか?

実は、それは、大きな間違いです。まず、永久脱毛の定義は、「脱毛完了後から1カ月経過した時点で毛の再生率が20%以下であること」とアメリカで定められています。この数字からもわかるように0%ではありません。

では、本当に0%にすることが可能な脱毛方法などあるのでしょうか?

サロン脱毛と医療脱毛の違い

一般的に脱毛と言えば、光脱毛が主流になっています。また、光脱毛と言っても、脱毛サロンで行うサロン脱毛。そして、医療機関で行う医療脱毛の2つとなります。では、まず、この2つには、どのような違いがあるのでしょうか。

出力の違い

光脱毛で行うサロン脱毛と医療脱毛の大きな違いは、光の出力となります。一見、同じように見える光脱毛でも、脱毛サロンと医療機関とでは光の出力に大きな違いがあり、その結果、脱毛の効果に大きな違いが出ると言う事になります。

医師の下で行う医療脱毛のみ、高い出力で光脱毛を行う事ができる一方、脱毛サロンでは、光の出力が制限されてしまうのです。その結果、医療脱毛の方は、「脱毛完了後から1カ月経過した時点で毛の再生率が20%以下であること」という定義の下、永久脱毛が可能だと言う事ができ、反対に脱毛サロンの方は、永久脱毛が可能だと言う事が言えないようになっています。とは言っても、脱毛サロンでのサロン脱毛でも、十分な脱毛効果を得る事は可能です。

回数の違い

サロン脱毛と医療脱毛で行う光の出力の違いから、施術回数も大きく異なってきます。出力が低いサロン脱毛でも、少しでも永久脱毛に近づけるためには、回数を増やすしかありません。そうする事で、脱毛の効果をアップさせる事が出来るためです。 目安としては、医療脱毛の回数が5~6回に対し、サロン脱毛の回数は12回~18回となります。また。期間としては、医療脱毛が12か月~24か月が目安となる一方、サロン脱毛では、24か月~36か月と長期間、通わなければいけないようになっています。

痛みの違い

脱毛を行う際、心配になる人が多い痛み。そんな痛みに関しても、サロン脱毛と医療脱毛では異なってくると言われています。それは、光の出力の違いに大きく影響され、出力が高い医療脱毛ほど、痛みを生じやすいと言われているのです。

最近のサロン脱毛では、ほぼ、無痛で脱毛を行う事ができると言われています。一方、医療脱毛の方は、痛みは感じにくいとは言われているものの、やはり、多少の痛みは感じる事が多いようです。ただし、医療機関と言うことで、我慢できないほどの痛みの場合は、麻酔を処方してもらう事もできるため、安心して脱毛を進める事は可能になっています。

メリットとデメリット

サロン脱毛のメリットは、手軽な点になります。最近では、数多くの脱毛サロンが街中にある為、気軽に脱毛を始める事ができるようになりました。また、費用も定価価格に設定されている場合が多く、バイト代を使って学生でも気軽に脱毛を始める事ができるようになっています。また、痛みも少なく、肌にも優しいと言った点も脱毛サロンのメリットと言えるのではないでしょうか。

ただし、デメリットしては、どうしても、長期間、通い続けなければ効果を得る事ができないと言う点になります。その為、即効性を期待するような人には、お勧めできない脱毛となります。同じく永久脱毛とは言えない点も、脱毛サロンのデメリットとなってしまいます。

一方、医療脱毛のメリットとしては、医師の下、行う事が出来ると言う安心感になるのではないでしょうか。その上、サロン脱毛に比べ、短期間で脱毛を効果を得る事ができ、しかも、永久脱毛と言える事から安心して通う事が可能になっています。 ただし、デメリットとして、料金がサロン脱毛に比べ高めに設定されている事から、そう簡単に通い始める事が出来ない点となります。

0%生えてこない脱毛をしたいなら!

0%生えてこない永久脱毛を行いたいなら、サロン脱毛も医療脱毛も選んではいけません。それができるのは、ニードル脱毛と呼ばれる電気針脱毛のみです。

方法としては、針を毛穴に刺し、電気を流し脱毛を行います。その為、非常に手間のかかるものとなり、1分間で約10本ほどの脱毛しか行う事が出来ません。その為、費用も非常に高額になる傾向があると言う事になるのです。

その為、真の永久脱毛とは言えるものの、光脱毛の効果が高くなった現代では、ほとんど、行われる事のない脱毛となっています。また、痛みがあると言う点も人気のない理由の一つとなります。

まとめ

以上が永久脱毛の定義と唯一、永久脱毛と言えるニードル脱毛についてとなります。

今では、ニードル脱毛を選ぶ人は、ほとんどいません。永久脱毛と言えないものの、それだけ、サロン脱毛や医療脱毛の効果が高くなっている成果とも言え、やはり、今、脱毛を行うのなら、脱毛サロンか医療機関のどちらかになってくるかと思います。

このページの先頭へ